地元アピールのために アイスクリームから チーズまで

開田高原アイスクリーム工房

地元アピールのために アイスクリームから チーズまで

File.06

長野県木曽町開田高原
アイスクリーム工房

今までにない軟らかい
クリームチーズを

1999年夏、避暑地として知られる開田高原にアイスクリーム工房が立ち上がりました。地元酪農家たちが共同して地場産物のアピールをすることが目的でした。
まずは新鮮で良質なミルクでアイスクリームをつくること。地元出身の洋食料理人の斉藤信博さんが「面白そう」とこの仕事を引き受けるや、地場産物を生かした独自のレシピでアイスクリームはたちまち大ヒット。関係者たちからの期待は高まり「次は乳製品」と、2001年には工房が増設され、チーズづくりが始まりました。
とはいえ、チーズはほぼ独学に近い斉藤さんにとって、機材もなければ情報も乏しい環境は苦心続きでした。それでもつくりたかったのは、料理人時代から欲しかった使いやすい硬さの、さっぱりとしたクリームチーズ。材料、製法、道具とさまざまなヒントをかき集め、試行錯誤の末にとても軟らかいクリームチーズが完成します。そして、これがなんと全国コンテストで上位入賞の快挙。
「あ、これでいいんだ。料理って答えが決まっていない。それと同じですよね」。
チーズの可能性を示唆する言葉でした。

  • 開田高原アイスクリーム工房1
    ミルクは⾞で5分、県でも指折りの質を誇る地元の萬まんたに⾕牧場から運びます。
  • 開田高原アイスクリーム工房2
    地元産物の中でもトウモロコシ⾵味が話題の的のアイスクリーム。
  • 開田高原アイスクリーム工房3
    後列右から左へヨーグルト、植物性乳酸菌を使ったスンキー、バター、クリームチーズ。前列右から左へゴーダ、モッツァレラ、カマンベール。
開田高原アイスクリーム工房 代表取締役斉藤信博さん
開田高原アイスクリーム工房 代表取締役斉藤信博さん。1970年生まれ。工房の多角化を図る一方で、長野県チーズとしてのブランド力を上げたいと仲間と積極的に活動中。
おいしいチーズの食べ方

おいしいチーズの食べ方

おいしいチーズの食べ方
「一番のおすすめは、醤油せんべいに塗るバージョンかな。クリームチーズって醤油が合うんですよ。あとは、ライ麦パンもいいですよ」
開田高原アイスクリーム工房

開田高原アイスクリーム工房

長野県木曽郡木曽町開田高原末川4411-9
Tel. 0264-42-1133

https://www.hif.jp/