世界に挑む国産チーズ

ジャパニーズチーズが国際コンテストに挑戦!
コンテストの最新情報やエントリー工房を徹底紹介します。

世界のチーズコンテストで評価を高める
ジャパニーズチーズ

海外では、世界中のさまざまなチーズが味を競うチーズコンテストが盛んに行われています。
最新コンテストから過去の受賞チーズまで、世界に挑むジャパニーズチーズの活躍をご紹介します。

国際コンテスト最新情報

日本のチーズ工房がエントリーする2021年〜2022年開催の
2つの国際的なチーズコンテストの最新情報をお届けします。

  • 40ヵ国以上から4,000以上のチーズが集まる
    世界最大級のチーズコンテスト

    World Cheese Awards
    2021
    開催期間/2021.11.3〜6

    view more
  • 2022年
    2月
    公開予定

    1957年から2年に一度開催され、
    33回目を迎える歴史あるチーズコンテスト

    World Championship
    Cheese Contest 2022
    開催期間/2022.3.1〜3

    view more

世界に認められたチーズ

ジャパニーズチーズが世界での評価も高まりつつある今、
過去に国際コンテストで受賞の栄誉に輝いたジャパニーズチーズをご紹介します。

view more
  • チーズ工房那須の森「森のチーズ」
  • 共働学舎 新得農場「ラクレット」
  • アトリエ・ド・フロマージュ「ブルーチーズ」

チーズコンテンストの現場を
C.P.A.会長が解説!

誰が、どのように
チーズを審査するの?
C.P.A.会長が紹介!

本間 るみ子

本間 るみ子
NPO法人チーズプロフェッショナル協会 会長/
株式会社フェルミエ・取締役会長

新潟県佐渡に生まれ、1977年チーズ輸入会社チェスコ入社をきっかけにチーズとの付き合いが始まり、1986年3月株式会社フェルミエを設立。フランスやイタリアをはじめ各国のチーズを発掘し、日本に紹介している。近年、めざましい発展を遂げている日本のチーズを世界に発信。フランスで開催されるチーズのコンテストの審査員として参加するなど、欧州でも活躍。講演活動やチーズスクールの講師を務めるほか、執筆活動も熱心に行っている。チーズが日本人の生活にもっと取り入れられるように情熱的に仕事を続けるチーズの第一人者である。

  1. 解説 /1
    チーズコンテスト
    とは?

    チーズコンテストとは?

    伝統的なチーズが守られる一方で、新しいチーズが次々と生まれている現在。チーズの歴史が長い欧米では、地域ごとやチーズの種類によるものなど、大小様々なチーズコンテストが盛んに行われています。
    チーズの国際コンテストとして最も権威あるのは、1988年にスタートした「World Cheese Awards」です。2020年はコロナ禍のため延期となりましたが、2021年11月、スペイン北部のオビエドで第33回が開催されることが決定しています。2019年にイタリア北部のベルガモで開催された「第32回World Cheese Awards」では、世界42か国から3,804種のチーズが集まりました。
    また、アメリカでは2年に一度、「World Championship Cheese Contest」が開催されています。こちらも2020年には26か国から3,667種ものチーズが集まりました。

  2. 解説 /2
    どんな人が
    審査する?

    審査員は、製造や販売などチーズの仕事に携わる人やチーズの研究をする科学者、ジャーナリスト、愛好家など世界で活躍するチーズのプロフェッショナルたちです。World Cheese Awardsでは約250名の審査員が世界中から集まります。日本からも毎回数名の審査員が審査に参加しています。

  3. 解説 /3
    評価の
    ポイントは?

    評価のポイントは?

    テーブル毎に配置された審査員が時間内に外観、カット面、テクスチャー、味わい、余韻などを点数で評価し、その合計点で競います。
    原産地統制呼称を持つ伝統チーズは基準があるため評価しやすいのですが、新しいチーズの評価基準となると、個人差があり、非常に難しいです。
    日本のチーズは見た目の美しさに加えて味わいが優しいこともあり、世界で高く評価されています。2019年の「World Cheese Awards」では13の日本のチーズが賞を獲得。ベスト10に輝いたチーズもあり、世界中のチーズ関係者たちが日本のチーズの品質の高さに注目した大会でした。
    2020年の「World Championship Cheese Contest」でも出品28品の内2つの日本のチーズが受賞を果たしました。

日本のチーズの最高峰を決める
Japan Cheese Awards

世界に誇れる日本のおいしいチーズづくりを応援し、国産チーズの品質向上を目的とした国内最大級のコンテストです。
2年に一度、日本のチーズ工房の半数近くが参加し、技術や美味しさが審査されます。国際的なチーズコンテストを参考に行われる審査にはトレーニングを積んだ審査員約80名に加え、チーズを販売する人やチーズ製造に携わる人など、国産チーズの繊細な味わいを客観的に評価できる人たちが参加しているのが特徴です。また、味噌や醤油、酒粕などに漬けこんだチーズやスイーツのような彩り豊かなチーズなど、海外ではお目にかかれないオリジナリティあふれるチーズが出品されるのも見どころです。
この国際的なチーズコンテストのスタイルを取り入れたJapan Cheese Awardsでグランプリや上位賞を獲得したチーズは、世界の権威あるチーズコンテストWorld Cheese Awardsでも高い評価を受け、日本の卓越した技術がヨーロッパのチーズ専門家を驚かせています。

  • コンテスト1
  • コンテスト2
  • コンテスト3